健康クリップ


放射線検査の医療被曝について
 皆様は放射線と聞くと“恐ろしい”とか“体に悪そう”といったイメージがあると思います。確かに過度の放射線にあたる事は人体に悪影響を及ぼします。そのため医療では国際放射線防護委員会(ICRP)の概念(正当化、最適化、線量限度)のもと利用されています。
 最近、医療に使われる放射線被爆についての話題が新聞を賑わせました。しかし私たちの周りには多くの放射線が存在し、利用されています。ラドン温泉やラジウム温泉などもそうです。これらは自然放射線といって宇宙、太陽、大気、地中、建物、食物や更には人体など私たちを取り巻くあらゆる環境のわずかな放射性物質から放射線が放出されています。よって健康診断や医療機関でのX線検査を受けない人でもこの自然放射線を毎日浴びていることになります。自然放射線による人体の放射線被曝線量は1年間につき2.4mSvです。
 例として当施設での胸部X線撮影による被爆線量は一回につき0.1mSvですので微量です。
※ mSv(ミリシーベルト)  放射線量の単位

 放射線の人体への影響は大きくわけて2種類あり、確定的影響と確率的影響に分別されます。確定的影響は細胞分裂の盛んな組織ほど放射線の影響を受けやすく生殖腺や皮膚は放射線に対し感受性が高いと言われています。
 確率的影響にはがん・白血病・遺伝的影響などが含まれます。これは被曝量に応じて確率が上がります。しかし通常の検査において、影響は認められていないので問題はありません。
例として当施設で・・・ 
胸部X線撮影で生殖腺の被曝量・・・0.01mSv未満
胃透視検査での生殖腺の被曝量・・・2.8mSv程度
胸部CT検査での生殖腺の被曝量・・・0.06mSv程度

 何らかの身体的影響が現れるのは500mSv以上と言われていますが通常の放射線を用いた検査で500mSvに達することはまずありえません。
 また当施設では不必要なX線(放射線)を照射しないよう技術的にも努力をしております。
 ご不明な点、お気づきの点があればお声をかけてください。

自然放射線から受ける線量
一人当たりの年間線量(世界平均)
出典:2000年国連放射線影響科学委員会報告

生殖腺の被ばく線量について
放射線の量 (mSv)

トップに戻る