肺がんドック


肺がんドック検査のマルチスライスCT写真

肺がんドック検査のスキャン写真

日本における肺がんによる死亡者数は、1998年におよそ5万人に達し、胃がんを抜いてがん死亡原因の第1位となり、がん死亡者の約20%を占めるようになりました。
近年急増している肺がんの早期発見、早期治療、完全治癒を目的としております。
肺がんドックを特にお勧めしたいのは、

  1. 喫煙指数(1日当たりの喫煙本数×喫煙年数)が400以上の方
  2. 男性40歳以上、女性45歳以上の方
  3. 家系にがん歴のある方
  4. 呼吸器等に自覚症状をお持ちの方(せき・たん・胸痛など)
  5. たばこを20年以上喫煙している
  6. お酒を飲むとたばこの量が増える
  7. 空咳がでる 深呼吸すると胸が痛い
  8. 同居者にヘビースモーカーがいる
  9. 結核と言われたことがある
  10. 粉塵曝露歴がある(石綿(アスベスト)など)

是非、1年に1度、定期的に受診されますことを強くお勧めします。

特徴

アルファメディック・クリニックでは4列マルチスライスCTを導入しました。
4列マルチスライスCTとは1回のスキャンで4つの画像を得ることができます。
胸部レントゲン写真で確認できなかった、より細かい病変を見逃すことなく診断できます。
胸部レントゲン写真では、わかりづらい心臓の裏側、背中側などの部位、血管と骨の重なりによる偽合成異常影などの確定診断にも有効です。
通常、CT検査は動きによるブレを抑えるため、数回の息止めを行いますが、このマルチスライスCTは、一回の息止めで肺がん検査ができます。
また、従来のCTより超低線量の検査が可能となりました。
肺がん検査には、ぜひCT検査をお勧めします。

基本検査項目

健康調査 既往歴・自覚症状・他覚症状
医師診察 一般診察・問診
身体計測 身長・体重・肥満度・BMI
循環器系検査 血圧測定
専門検査 マルチスライスCT検査
喀痰検査
腫瘍マーカー検査(シフラ)

検査料金

(CT+喀痰検査) 14,000円(税抜き) <料金表

トップに戻る