1. トップページ
  2. アルファメディック・クリニック
  3. 特定健診・特定保健指導のお知らせ

特定健康診査・特定保健指導のお知らせ

【特定健康診査・特定保健指導とは】
平成20年4月から医療保険に加入している40歳〜74歳の方を対象に、特定健康診査・特定保健指導を実施することが各医療保険者に義務づけられました。
これは内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した生活習慣病予防対策の一環で、糖尿病・高血圧・脂質異常症(高脂血症)など生活習慣病の早期発見、予防に役立てるための取り組みです。
                     ※妊産婦、長期入院者、海外在住者その他、一部対象外となる場合があります。


特定健康診査・特定保健指導における事業の目的および運営の方針

【事業の目的】
特定健康診査および特定保健指導を通して疾病の早期発見、予防に努め、健康の維持増進を支援することで地域社会に貢献します。
【運営の方針】
1.各個人のライフスタイルに合わせた保健指導を行います。
2.私たちは常に技術、知識の向上に努めます。
3.快適な環境を作り、安心と満足をしていただけるよう質の向上に努めます。
4.お客様のご意見を真摯に受け止め、サービスの向上に努めます。
5.プライバシーの保護に配慮し、個人情報の管理を適切に行います。
6.商品等の勧誘、販売等は一切行いません。


特定健康診査・特定保健指導を実施する3つの理由についてご案内いたします。

@医療費の大半を占めているのが生活習慣病であること

健康への関心が高まっているのにもかかわらず、生活習慣病は増え続けています。
いまや死亡原因の6割を生活習慣病が占め、医療費に占める生活習慣病の割合も国民医療費の約3分の1にもなっています。
この生活習慣病の発病に大きく影響しているのがメタボリックシンドロームです。

A危険因子(肥満・高血糖・脂質異常・高血圧)が重なるほど脳卒中、心疾患を発症する危険が増大すること

危険因子

心疾患にかかる危険度で危険因子がなにもない人を1.0とすると・・・
なんと、危険因子が3つ〜4つの人の心疾患にかかる危険度は約36倍にもなります。

Bメタボリックシンドロームの予防・解消で生活習慣病は効果的に予防できること

生活習慣を改善し内臓脂肪を減らすことで、危険因子すべての改善が期待できるからです。

健診では、メタボリックシンドロームに着目した検査を行います。

基本的な健診 (必ず受けていただく検査)
★質問票( 問診・・・服薬歴 ・ 喫煙歴など)
★身体測定( 身長・体重・BMI・腹囲 )
★診察                        ★理学的所見( 視診・触診・聴診 )
★血圧測定                     ★検尿( 尿タンパク/尿糖 )
★血液検査
 ( 中性脂肪/HDLコレステロール/LDLコレステロール )
 ・血糖検査( 空腹時血糖 又は HbA1c )
 ・肝機能検査( GOT/GPT/γ−GTP )

詳細な検査項目( 一定基準の下、医師が必要と認めた場合にのみ実施 )
★心電図検査 ★眼底検査
★貧血検査
赤血球数/ヘモグロビン/ヘマトクリット

健診結果に基づき、内臓脂肪型肥満、高血圧、高血糖、脂質異常、喫煙歴などのリスク要因をカウントし、その個数に応じて『メタボリックシンドローム判定』(該当/予備群/非該当)と『保健指導レベル判定』(情報提供レベル動機づけ支援レベル積極的支援レベル)の判定がなされ、それぞれに応じた保健指導が実施されます。

※血圧を下げる薬、インスリン注射、血糖を下げる薬、コレステロールを下げる薬を服用の方は基本的に保健指導対象外となります。

特定健診と特定保健指導


情報提供

健診結果から今の健康状態を把握し、さらに健康的な生活習慣を送るための見直しや改善のきっかけとなる情報を健診結果とともに全員に提供します。
ぜひこの状態を持続し、予防の継続を図っていただきたいと思います。

動機づけ支援

メタボリックシンドロームのリスクが出始めた人です。
初回時の個別面談では健診結果と現在の生活習慣の問題点を洗い出し、体重や腹囲の数値目標や実践が可能な行動目標を一緒に考えます。
基本の動機づけ支援は初回時の個別面談1回のみですが、アルファメディック・クリニックでは個別面談後に電話やメールを使用したサポートを数回実施しています。


積極的支援

メタボリックシンドロームのリスクが重なり早期改善が必要な人です。
この状態が続くと動脈硬化や心筋梗塞そして脳梗塞などの重度の生活習慣病にかかる率が高くなります。
保健指導期間は6ヶ月間です。初回時の個別面談では健診結果と現在の生活習慣の問題点を洗い出し、体重や腹囲の数値目標や実践が可能な行動目標を一緒に考えます。その後6ヶ月にわたり生活習慣の改善や目標の達成に向けて、個別面談、電話やメール等の方法で継続的にサポートを実施していきます。


みなさまもぜひ、特定健康診査・特定保健指導を活用して積極的に健康づくりに取り組み、いつまでもイキイキとお過ごし下さい。

トップに戻る